シンクロダブルスライド [DC-20FC-WS/SDS-F010]

シンクロダブルスライド [DC-20FC-WS/SDS-F010]

販売価格はお問い合わせください。

商品詳細

シンクロダブルスライド
JIS A 4722準拠型
可動式ガードスクリーン付ダブルスライド自動ドア

synchro-double-autodoor,シンクロダブルスライド




シンクロダブルスライド特徴

●安全性の確保

「シンクロダブルスライド」に搭載された「可動式ガードスクリーン」は第2ドアと連動し、第1ドアの進行方向を保護しながら開閉します。これにより従来型ダブルスライドドア最大の課題である「ドア引込み側(Fix部)の挟まれ及び衝突リスクの低減」を実現。
業界初の JIS A 4722 準拠型のダブルスライドドアです。
   防護柵等の設置による開き側の保護領域の確保が必要です。

防護柵「フィックスサイドガード」仕様
▲防護柵「フィックスサイドガード」仕様
フルスクリーンガード「フィックスサイドガードFS」仕様
▲フルスクリーンガード「フィックスサイドガードFS」仕様



一般的なダブルスライドドア
これまでのダブルスライドドアでは、JIS A 4722 の要求事項(下図)を満たすには、開き側において挟まれ及び衝突等、新たな危険源となる箇所の安全対策が課題でした。
シンクロダブルスライド
シンクロダブルスライドは第2ドアと可動式ガードスクリーンが連動して開閉することで、開き側の安全対策を実現いたしました。

一般的なダブルスライドドアとシンクロダブルスライドの違い

【開作動時の安全対策】挟まれ及び衝突リスクの低減



先頭に戻る


□シンクロダブルスライド動作フロー

①ドア閉鎖時
②ドア開き動作中
③ドア全開中

シンクロダブルスライド動作フロー


●可動式ガードスクリーンの連動解除操作により全てのガラス面がそ清掃可能

「可動式ガードスクリーン」は第2ドアと連動していますが、ドア上部の解除レバーを操作することにより独立可動が可能となります。自由にスライドさせることにより中間部分や裏面のガラス清掃を容易に行なうことが可能です。
ドア上部の解除レバーを操作することにより独立可動,中間部分や裏面のガラス清掃を容易に行なうことが可能
▲連動ロック解除▲ロック解除後は自由にスライドすることが可能▲すべてのガラスの清掃が容易に行なえます



先頭に戻る


仕様,品番,消費電力


□外形図




【見 積 依 頼 シート】
ドアの価格は、サイズやガラスの種類、納品場所などにより、大幅に変動いたします
ご購入を検討されている方は、以下のアイコンから「お見積り依頼シート」をダウンロードしていただき、
必要事項をご記入の上、FAXまたは、メールでお送りください。折り返し、お見積りさせていただきます。
FAX番号: 03-6766-8971、メールアドレス: info@d-kuru.com

PDFファイル/約146KB    エクセルファイル/約59KB
★ダウンロード&保存するには、リンクをマウスで右クリック(Macintosh の場合はしばらくクリック)して、
[対象をファイルに保存]などのメニューから保存を行ってください。]


先頭に戻る

他の写真

Facebookコメント