ステンドグラス 鉛線タイプ

ピュアステンド
16世紀末から盛んに作られるようになったレッドケーム(鉛線)を用いた製作技法は、ステンドグラスの細密表現を可能にしました。その技法を継承し、さらに現代的なアレンジを加えたのが『ピュアステンド』です。ステンドグラスと同じく両面を強化ガラスで合わせた構造で安全性と機能性を兼ね備えました。
4